手芸はさみ

【糸と布、どちらにも使えます】


お稽古やお出かけ先での使用にオススメ!


《おすすめポイント》
★お裁縫道具をよりシンプルに
★大きなグリップとシャキシャキした刃先がとても使いやすい
★切れ味も抜群
★それでいて刃先が尖りすぎず、気軽に使える


私のレッスン・ワークショップや普段の刺繍タイムでは
こちらを愛用しています。
大量に布をカットする日などは裁ちばさみ(別にとびきりのものを


また、なかなかそうそう切れ味が悪くなどならない
しっかりとしたハサミですが、それでもいつか必要になれば
研ぎ直しに出すことも可能です(有料、こちらでは承れません)。
詳しくは「刃物の病院グリーンパパ」でネット検索してみてください。

また、左利き用のものはこの値段ではご用意できませんので
お取り扱いもしておりません。
何とぞご了承くださいませ。




(以下、ブログより抜粋の少し長ーいお話です)

私の刺繍教室へ来られる初心者さん達は、
8割以上の方が小学校の時に揃えたお裁縫道具を持ってこられます。
次の1割が「息子の小学校の時のものです」パターンで、
最後の1割は「持っていません or 百均で買いました」パターン。

私の小学生時代の裁縫道具や、私より若いお生徒さんのお道具を見ていると
学校で買いそろえるお道具の「良くないあるある」に気づきました。

★糸切りバサミがとにかく切れない。

(糸を切るというより挟んでしまうだけで
 一度切るために何度もハサミをガシガシ…)

★裁ちばさみもあまり切れない。

お道具が良くないと手芸そのものの時間に大きなストレスが生じます。
そのほとんどがこれのせいなのではないかしらと私は思っています。

早い話、お裁縫道具はハサミを一番に!なのです。
ぜひ「いいモノ」を用意してあげて欲しいのです。

うちは男の子だから、というお母さまは、
ご自身のお裁縫道具をチェックしてみてください。
そこで「これでバッチリ」というものでないようでしたら
これを機にいいモノに換えてみてはいかがでしょうか?
(男の子はだいたい、学習期間を過ぎれば用済みになることが多そうですから)

さて、「いいモノ」といっても別に高価なものというわけではありません。
・それがあれば手芸が楽しい
・それがあれば手芸がやりやすい
・それがお気に入りなもんだから手芸そのものもお気に入りの時間

これらを叶えてくれるものこそが「いいモノ」だということでお話しています。

不要なストレスさえなければ、手芸は楽しんでいるうちに上達するはずです。
いつか「手芸大好き!」になってくれるか、
少なくとも「手芸苦手…嫌い…コンプレックス…」とならず
ボタン付けなどを卒なくこなせる人になってくれると嬉しいものです。

無駄なストレスを感じさせることなく
「ちゃんと作れたものをちゃんと使えた」という感動を味わってもらうために
オススメのお道具をご紹介します。



大事なことなのでもう一度 言いますよ。

手芸道具は「ハサミを一番に!」



お裁縫道具のハサミといえば、裁ちばさみと糸切りバサミです。
基本的に裁ちばさみは布用、糸切りバサミは糸用ということで、
それぞれ布や糸とは違うものを切ったりすると切れ味が落ちるということで
他の用途には使わない!と習われた方も多いかと思います。

それに間違いはなく、裁ちばさみは布用、糸切りバサミは糸用となっています。

ですが私が初心者さん(大人子ども関係なく)にオススメなのは、
「クラフトチョキ」という銘柄の多用途ばさみです。
同じ銘柄でも多種類あり、インターネットで出回っているもので
¥1,500未満のものは「生花・プリザーブドフラワー用」がほとんどです。

ですが、私のオススメはそれではありません。
お花用のハサミは手芸用とは全然違った仕上がり・使い心地ですので、
決して間違えてそちらをお買い求めにならないようご注意ください。

¥ 1,600

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 600円
  • 定形外郵便250g以内

    商品の重さが250gにおさまるのであればこちらをご利用可能です

    全国一律 300円
  • レターパックライト

    郵便受けへのお届けです

    全国一律 360円
  • レターパックプラス

    対面での受け取りです

    全国一律 510円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。